にんじんリンゴジュースのデメリット

にんじんリンゴジュースのデメリットは、あまりおいしくないところです。また、生ジュースになるので、寒くなると飲みにくいです。生ジュースは基本、夏限定になるので、にんじんリンゴジュースは、冬場には向きません。

にんじんリンゴジュースのデメリットについては、特に大きなものはないのですが、食べ物を咀嚼しないので、消化酵素の働きが悪くなるところです。咀嚼をせずに複雑な栄養素のものを飲むと、人によっては消化器官に負担がかかる場合があります。

中には、重篤な肝機能障害に陥るケースもあります。食物を細分化することで酸素と結びつきやすくなり、栄養素が酸化されて、栄養としての効果が低下するというデメリットもあります。にんじんリンゴジュースを作る際、ジューサーでかき雑ぜるので、その時、泡が立ち、酸素に触れて酸化されやすくなります。

栄養素が一度に吸収されるので、一時的に高血糖になり、高脂血症状態を起こすというデメリットもあります。場合によっては、胃腸のむかつきやイライラ、のぼせのような症状が出ることもあるので注意が必要です。