年をとると、髭剃りの跡に乳液が要ります。

若いころは特に問題に感じていなかったのですが、私は年を重ねるたびに、髭を剃る度に乳液が離せなくなりました。
剃った後もひりひりするのですが、鳥の羽をむしった後のような感触になり、髭を剃るのが嫌になりました。
そのとき、昔母の言った、髭を剃った後は乳液を使いなさいという言葉を思い出し、メンズニベヤを買いました。
ビン一つで2000円以上するんですね。結構高いと思いながら、体のためと思い、ドラッグストアの中での一番高いのを買いました。
使ってみて思ったのですが、顔全体が冷えたねばねばしたものに抵抗感はあったのですが、その後肌がしっとりとしてきました。
指で触ってみると、肌が指に張り付き、CMで見るような肌触りになりました。
正直驚きましたが、乳液一つでこれほど変わるのかとも感じました。
私は髭が多くて強く、そして肌が弱いので、理容院では髭は剃ってもらわないことにしています。
よく肌が負けて血がにじみ出るからです。
そのため、週に一度だけ、お風呂に入ったときにT字剃刀で剃ることにしているのですが、髭が短すぎても剃り味が悪く、週に一度がちょうどなのです。
サラリーマンの営業さんが毎日髭を剃るのは本当に大変だとも思い、また、尊敬します。
以上で私の髭剃りと乳液との関係を終わりたいと思います。
アテニア アイクリーム 口コミ