もう一度車のワックスかけの基本を確認

車にワックスをかける日は、曇りの日を選びましょう。
曇りの日でも風が強い日は避けるようにしてください。
基本的な車のワックスの掛け方を紹介したいと思います。

曇りで風が強い日はワックスをかけてはいけないのは、ホコリがまってしまうからです。
ワックスをかけているときには、細かいホコリは厳禁です。
細かいホコリがボディに付着したままだと、塗装面の傷にもつながりやすいため注意しましょう。
また、晴天の日もできればワックスかけは避けてください。
気温がぐんぐん上がってしまうと、ワックスがすぐに乾いてしまい、拭き残しができやすいからです。
天気がいい日にワックスをするときは、直接日光がボディに当たらない場所でやってください。
意外と見逃しているのが、ワックスをかけるときスポンジは濡らします。
ワックスをかけるスポンジを濡らすと、ワックスを均等に薄く塗ることができるためです。
乾いた状態でワックスをかけるより、濡らした方が均一できれいなワックスがかけられるため試してみましょう。
ピカピカレインの販売店を調べてみた